スマートフォン/アクセサリー

提供: KuroWiki
移動先: 案内検索

USB AC充電器

スマートフォンやタブレットを、パソコンの USB を使用せず、コンセントから USB 充電できるAC充電器。

6ポート

メーカー 型番 ポート数 DC出力 mA出力 オンラインショッピングサイト クチコミ
エクセルサウンド EX-USB7.1 6 5 7100

5ポート

メーカー 型番 ポート数 DC出力 mA出力 オンラインショッピングサイト クチコミ
プラネックス PL-TAPCHG05 5 5 5100

4ポート

メーカー 型番 ポート数 DC出力 mA出力 オンラインショッピングサイト クチコミ
バッファロー BSMPBAC02 4 5 4200
  • Amazon
    • コイル鳴きが五月蝿いとの報告。前モデル同様仕様か?
  • yodobashi
    • 若干のコイル鳴きあり。ベッドサイドでは気にならないとの報告。
BSMPA09BKの後継。違いは以下のサイトが詳しい。ほとんど同じようなので、安いBSMPA09BKをおすすめ。こちらは、白・黒あり。
バッファロー BSMPA09BK 4 5 4200 ブラックのみ。白が欲しい場合は↑のものを。
バッファロー BSIPA09BK 4 5 2000
プラネックス PL-QUCHG03 4 5 2000
オウルテック OWL-ACUS4 4 5 5100

Nexus7を充電する場合、オウルテック純正ケーブルにすると解決するらしい。

ミヨシ IPA-20U/WH 4 5 2000 コイル鳴きがひどい。

2ポート

メーカー 型番 ポート数 DC出力 mA出力 クチコミ
バッファロー BSIPA06 2 5 1000
バッファロー BSIPA04 2 5 1200
プラネックス PL-WUCHG01 2 5 1000
プラネックス PL-WUCHG03 2 5 2000
サンワサプライ ACA-IP27SBK 2 5.1 2100 コンセントが1個付いている、便利?なもの。

充電ケーブル

スマートフォンを充電するには、パソコンに刺す側は USB(Aタイプ)、スマートフォンに刺す側は USB(Micro-Bタイプ)である必要がある。

各社から多種多様のケーブルが発売されている。携帯電話会社のケーブルを買う必要はない。

参考までに、筆者は2011年7月にエレコムのMPA-AMB10BK(1.0m)を880円で購入している。

メーカー 型番 長さ 特徴
エレコム MPA-AMBC2A
  • 0.2m
  • 0.8m
  • 1.2m
  • 充電専用
  • 2.0Aまで超急速充電
  • ブラック/ホワイト
エレコム MPA-AMB2A
  • 0.2m
  • 0.8m
  • 1.2m
  • 充電・データ通信用
  • 2.0Aまで超急速充電
  • ブラック/ホワイト
エレコム MPA-AMBC
  • 0.1m
  • 0.5m
  • 1.0m
  • 1.5m
  • 2.0m
  • 充電専用
  • ブラック/ホワイト/ピンク
エレコム MPA-AMBCL
  • 0.2m
  • 1.2m
  • ブラック/ブルー/グリーン/ピンク/パープル/ホワイト
エレコム MPA-AMB
  • 0.15m
  • 1.0m
  • 1.5m
  • 2.0m
  • 充電・データ通信用
  • ブラック
バッファロー BSMPC15DU
  • 0.2m
  • 1.2m
  • USB側がどちらの方向でも挿せる
  • 充電・データ通信用
  • ブラックのみ
バッファロー BSMPC12U
  • 0.2m
  • 1.2m
  • ブラック・ホワイト
  • 薄型コネクタ・細ケーブル使用
  • 充電・データ通信用
バッファロー BSMPC03U
  • 0.2m
  • 1.2m
  • 充電・データ通信用
  • ブラックのみ
グリーンハウス GH-UCCMB30
  • 0.3m
  • ブラック・ホワイト・ブルー・グリーン・ピンク
  • 充電専用
  • 急速充電対応
グリーンハウス GH-USB-MB30
  • 0.3m
  • 充電・データ通信用
  • ホワイト・ブラック・グレー・ライムグリーン・オレンジ

スマートフォンケース

1000円~2000円で購入できるため、傷がついたりデザインに飽きたら、新しく購入する。液晶保護フィルムが同梱しているものもある。

TPU
熱可塑性ポリウレタン(Thermoplastic Polyurethane)。シリコンケースよりホコリがつきにくい。
プラスチック
文字通り硬いケース。
シリコン
手で掴みやすい。ホコリがつきやすい。
皮・布
手帳のように画面部分にカバーで包める。