バッグ

提供: KuroWiki
移動先: 案内検索

バッグとは、荷物を運搬するために取っ手がついている袋状の服飾雑貨である。日本語で鞄であるが、一般的な会話においてはバッグが使用されている。

種類

ショルダーバッグ

片方の肩にかけるバッグ。両手が使える。

トートバッグ

バッグに肩が通る大きさの持ち手が2つついたバッグ。肩に通せるので両手が使える。ただ、ショルダーバッグと違って肩に引っかかっているだけなので、なで肩でバッグが重い場合は、ずり落ちる可能性がある。

ヒップバッグ・ウェストバッグ

お腹の部分に巻きつけるように留めるバッグ。ヒップはお尻側に、ウェストはお腹側に収納部分が来るので、どちらでも同じ。収納量は少ない。

バックパック

背中に背負って両肩で支えるバッグ。両肩と腰で支えることで、大容量の収納が可能。両手が自由に使える。

さらに容量が増えるとザックと呼び、登山に用いられる。

デイパック

バックパックの容量が少ないコンパクトなもの。学生が学校への通学に使用したりする程度の収納量で、カジュアルなデザインになる。両手が自由に使える。

ハンドバッグ

手提げができる A4 サイズのバッグ。

セカンドバッグ

ハンドバッグより一回り大きいバッグ。肩にかけず手で持つ必要があるため、片手が塞がる。近場を移動する場合に利用する。

ボストンバッグ

数日の旅行に行ける収納量があるバッグ。

メッセンジャーバッグ・スリングバッグ

自転車を用いた荷物輸送する人をメッセンジャーと呼び、その人が使っていたバッグがメッセンジャーバッグ。持ち手部分をスライドさせることで収納部分に素早くアクセスでき、内容物を出し入れできる。

ボディバッグ

メッセンジャーバッグの収納部分を小さくしたバッグ。収納容量が減るが、歩行時のバランスに影響が出ず、体からの出っ張りが少ないので、混雑した場所でも気にせず使える。

キャメルバッグ

飲料タンクが入っており、背中に背負いながら、水分補給ができるようになっている。収納はできない。

メーカー一覧

ブランドバッグ

世界的に有名なブランド。