Gentoo Linux

提供: KuroWiki
移動先: 案内検索

インストール

インストールを参照。

  • Universal USB Installer USBメモリでbootできる。プルダウンメニューにはないので、一番下にあるunlisted linux ISO を選択。

Portage

Portage を参照。

Gnome

Gnome を参照。

rc-update

サービスの自動実行をコントロールする。

追加

# rc-update add mysql default

削除

# rc-update del mysql

webapp-config

MediaWikiWordPressphpmyadmin などの Web アプリをインストールできる。

MediaWikiやWordPressなどのWebappをインストールすると自動的にインストールされる。

MediaWiki

MediaWiki を参照。

WordPress

WordPress を参照。

gentwoo(諦めた)

# emerge layman
# echo "source /var/lib/layman/make.conf" >> /etc/make.conf
# layman -a betagarden

/etc/portage/package.keywordsに以下を記述。

=app-portage/gentwoo-0.0.20120705 ~amd64

emergeしてインストール。

# emerge gentwoo

/etc/gentwoo.conf で設定する。

USER="(TwitterのログインID)"
TOKEN="(トークン)"
URL="http://gentwoo.elisp.net/emerges"
UPLOAD_LOG=False
UPLOAD_ERROR_LOG=False
CLEAN_LOG=False

PORTAGE_LOG="/var/log/emerge.log"
LOG_PARSE=4096

/etc/make.confに以下を追加。

PORTAGE_ELOG_CLASSES="log warn error qa"
PORTAGE_ELOG_SYSTEM="custom:* echo mail"
PORTAGE_ELOG_COMMAND="/usr/bin/gentwoo '${PACKAGE}' '${LOGFILE}'"

emergeすると以下のメッセージが表示され、 [2] には反映されるがツイートされない。

Traceback (most recent call last):
File "/usr/bin/gentwoo-2.7", line 146, in
(result, info) = query.send()
File "/usr/bin/gentwoo-2.7", line 67, in send
"Accept": "application/json"}))
File "/usr/lib64/python2.7/urllib2.py", line 126, in urlopen
return _opener.open(url, data, timeout)
File "/usr/lib64/python2.7/urllib2.py", line 406, in open
response = meth(req, response)
File "/usr/lib64/python2.7/urllib2.py", line 519, in http_response
'http', request, response, code, msg, hdrs)
File "/usr/lib64/python2.7/urllib2.py", line 444, in error
return self._call_chain(*args)
File "/usr/lib64/python2.7/urllib2.py", line 378, in _call_chain
result = func(*args)
File "/usr/lib64/python2.7/urllib2.py", line 527, in http_error_default
raise HTTPError(req.get_full_url(), code, msg, hdrs, fp)
urllib2.HTTPError: HTTP Error 500: Internal Server Error

openssh

インストール時に入っているので入れる必要はない。

ntp

# emerge ntp

/etc/ntp.confを編集。以下のコメントを外し、全てのアクセスを拒否。

#restrict default ignore
↓
restrict default ignore

ローカルループバックを許可。

#restrict 127.0.0.1
↓
restrict 127.0.0.1

ローカルネットワークからのアクセスを許可。

# restrict 192.168.1.255 mask 255.255.255.0 nomodify nopeer notrap
↓
restrict 192.168.1.0 mask 255.255.255.0 nomodify nopeer notrap

不要なNTPアクセス設定をコメントアウト。

#server 0.gentoo.pool.ntp.org
#server 1.gentoo.pool.ntp.org
#server 2.gentoo.pool.ntp.org
#server 3.gentoo.pool.ntp.org

NTPサーバのアクセスを許可し、NTPサーバを設定。これでセットが良いようだ。

restrict xxx.xxx.xxx.xxx nomodify notrap noquery
server xxx.xxx.xxx.xxx

bind

# emerge net-dns/bind

mysql

mysql を起動する。

# /etc/init.d/mysql start

初期設定用プログラムを実行。rootのパスワードを設定、anonymous userを削除、リモートからのrootログインは可能に、test database とアクセスを削除、privilege tableをリロードする。

# /usr/bin/mysql_install_db
# /usr/bin/mysql_secure_installation

Wordpress用のデータベース・ユーザーを作成する。

# mysql -u root -p
Enter password:***********
mysql> create database DATABASE_NAME;
mysql> grant all on DATABASE_NAME.* to 'USERNAME'@'localhost' identified by 'USER_PASSWORD';

apache

# emerge www-servers/apache

php

/etc/portage/package.use に以下を追加。

dev-lang/php cli apache2 curl gd mysql mysqli truetype soap zip xmlreader intl

emergeでインストール。

 # emerge dev-lang/php

/etc/conf.d/apache2 ファイルを編集。

APACHE2_OPTS="… -D PHP5"

phpmyadmin

必要なさそう。

# emerge phpmyadmin
# webapp-config -I -h localhost -d phpmyadmin phpmyadmin 3.4.x

/var/www/localhost/htdocs/に作成される。